3505252_l.jpg

こどもメガネ

こどもメガネを作るメリット

大切なお子様の将来のために、

メガネをおすすめします

少し前まで、「メガネをかけると視力が落ちる」といわれていましたが、実はそうではないのです。

人間は生まれてから8歳ころまでにいろいろなものを見ることで視力を発達させていきます。

この時期に正しくピントを合わせられていないと目がきちんと発達しないともいわれています。

生まれつき視力の弱いお子様にとって、メガネは「ピントを合わせる」補助係と言えます。

​きくちメガネではその視力発達の補助をする「治療用メガネ」をおすすめしております。

20210320_091454.jpg
IMG_5322.jpg
お取り扱いフレーム
IMG_8419_edited.jpg
tomatoglasses-logo.jpg
IMG_8527.JPG
俊足 ロゴ.jpg
image.jpg
メゾピアノ ロゴ.jpg
DSC_2028_edited.jpg
アニエス.jpg
IMG_9464_edited.jpg
ogp_white.jpg
キッズ安心保証

当店では独自の「キッズ安心保証」を設けています。ご購入日から2年間、下のような保証があります。

度数調整保証

お子様の度数の進行に合わせて、度数調整をします。

(1回目は無料・2回目以降は通常価格の半額)

フレーム修理保証

お子様がメガネを壊してしまった場合に店頭で修理可能なものは無料で承っております。

レンズ交換保証

ご購入から1年間は傷ついたメガネのレンズ交換を通常価格の半額にて行います。

​弱視・強度遠視をお持ちのお子様への補助金制度

眼科医師から「治療用にメガネが必要」と認められたお子様に関しては健康保険組合と自治体からの補助金給付制度があります。

​下記に情報をまとめておりますので、もしお子様の視力に不安のあるお父様・お母様はご覧ください。

どういった子が対象なの?


9歳未満の健康保険に加入しているお子様が対象になります。 さらに、眼科医に小児弱視・斜視と診断されたり、先天白内障術後で「治療用メガネ」の使用が必要であると判断されたお子様が対象です。




補助される金額は?


最大38,902円が助成されます。(消費税は自己負担) 【健康保険から7割(最大27,231円)、お住まいの市区町村から3割(最大11,671円)】 ※市区町村からの助成金は各自治体により異なります。




どこに申請するの?


補助金を受けるには2カ所に申請が必要です。 ①健康保険からの支給分 →お子様が加入している健康保険(国民健康保険や協会けんぽなど)の窓口。 ②市町村からの支給分(健康保険より支給された後) →熊本市:子ども支援課 →菊陽町:菊陽町役場 →合志市:合志市役所 →大津町:大津町役場




申請には何が必要なの?


申請には ・治療用メガネの作成指示書…医師から、お子様に治療用メガネが必要であるという処方箋 ・メガネの領収書…メガネ購入時に当店から発行する治療用メガネの領収書 ・療養費支給申請書…お子様が加入している健康保険組合で指定がある申請書  ※書式に関しては各健康保険組合にお問い合わせください





こどもメガネご購入の流れ
フォロプター
1.フレームを選ぶ

店頭のフレームからお好みのものをお選びください。

20210320_090525.jpg
2.視力測定

18項目をしっかり時間をかけて測定します。

20210320_091820.jpg
3.レンズ選定

お客様に合わせたレンズを選びます。

20210320_090620.jpg
4.「見え方体感コーナー」で体験

選んだレンズの見え方を体験します。

20210320_091315.jpg
5.レンズを加工

フレームに合わせてレンズを加工します。

接客3.jpg
6.メガネをフィッティング

お客様のお顔に合わせてフレームを加工します。

20210320_091454.jpg
7.メガネのお引き渡し

メガネにご満足いただけたらお支払いをお願いします。

20210320_090851.jpg
7.アフターフォロー

当店でご購入のメガネはいつでも点検・調整します。

スタッフ3.jpg